イヒ!ログ

すべての楽しいを感じろ・・・
all 4 enjoy!

イヒ!ログ>任天堂

任天堂

モヤモヤから希望へ

それは突如にやってきた


去年春頃突如に開発中だと発表され、そして今年のGW頃に突如に発売時期が明かされて。 
来年3月頃発売となれば、本格的な発表はいつなのかとTGSが終わってからは少しずつモヤモヤが蓄積されていった。
9月1日ではなく、TGS過ぎてもない、遅くても11月?それぐらいかと思った。
前からチラチラと噂もあった。こういう形状とか、ああいう風になるとか。これもモヤモヤを蓄積した理由のひとつ。
とにかく謎、この謎から来るモヤモヤに悩み続けていたらどうなっていたんだろうか・・・

だが、そのモヤモヤはいよいよ生きる希望へとなる。今日も仕事は大変だった、モヤモヤもこれ以上に多かった。だが、それに耐えて頑張った。そしていよいよ1時間を切った。

さぁいよいよだ、来年のビジョンの一つが明かされる。
その興奮は、この記事の文章でお分かりだろう。

言いたいことは以上!あとは23時、その時を待つだけだ。 

Wiifit vs 脳トレ




で、僕はWiifitの方を選びました。というかどっちも欲しい。

Pokemon GO

『Pokemon GO』

小学生の頃から好きなポケモン、そして上京してから一番にハマっているIngress
それが融合するとは、そしてすでに期待の胸いっぱいに膨らむとは思ってなかった。

先週木曜に急遽発表された、「Pokemon GO」。
世界中にIngressを流行らし、最近Googleから独立した「Niantic」と「ポケモン」、さらに「任天堂」も参加。
内容は、Ingressと似ている。ある場所に自分の足で行き、そこでアクションを起こす。
だが、Ingressと違うのは『ポケモン』という国民的RPGを元になっているからだ。

ゲームではある程度決められたフィールドの中で「収集、育成、バトル、交換」を行ってきたが、
Pokemon GOのフィールドとなるのは「地球」。
そう、自分たちが身近な場所がフィールドなのである。
当たり前だが、ゲームのフィールドより壮大に広い!!

初公開映像を見れば、どういうことかわかるだろう。
「もしかしたら身近な場所に、意外なポケモンがいるかもしない。」
こういうの、子供の時は一度想像したのでは。 

Ingress同様、Pokemon GOはリアルとバーチャルの境目を消して起こる体験を与えてくれる。
そして体験できるのは大人だけではない、「Pokemon GO Plus」というデバイスも用意し、この体験を子供と一緒に楽しめるだ。これはさすがだと思った。

そしてこの発表会で度々気になったのがある。
このプロジェクトに賛同し、7月にこの世を去った任天堂元社長・岩田聡氏のことだ。
もしかしたらこのプロジェクトも、岩田さんが残してくれた遺産のひとつだと今回の発表会でかなり感じた。
いち任天堂ファンとしてはこのプロジェクトを盛り上げるために、全力で楽しませてもらおうではないか。
そういうのも感じた、発表会でもあった。


マリオ30周年の次は、ポケモン20周年。
「Pokemon GO」はポケモン20年間の遊びの全てを詰め込んだ遊びであり、この先の20年以上続く遊びになれるだろう。(なにやら「完全新作と連動させる考えがある」ってゲームフリーク増田さん言ったみたいで・・・)
2016年、ポケットモンスター20周年の年はものすごいポケモン体験をみんなに与えてくれる!!
これからも応援し、全力で楽しませてもらいます。もっと広がれ、ポケモンの世界よ!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ところでこれどういうことなんでしょうか。 

追悼 岩田聡





今日一日ずっと岩田社長のことを思ってた。
これまで様々な人が亡くなったけど、岩田社長の死去は今までより一番衝撃だった。
子供の頃から任天堂が好きで、そしてWiiの衝撃は今でも忘れず、今は「直接!」でニンテンドーオールスターのひとりになった。
とりあえず信じられない。心も準備もせず、急にいなくなったから。まだ見る未来がたくさんあったのに。

もし最近の行動がこのための備えたものだったのかはわからないけど、岩田社長が進化してゆくゲーム業界の違う答えを与えてくれたのは間違いない。

さて、自分はどうだろ。自分は今、うまくいってない。けど、今日は1日中こんなこと思ってた
『今、答えが見えない問題を自分の力全てをぶつけていったら何かを得るのでは』
彼は天才プログラマーって言われてるけど、もし自分がなれるのならそう信じたい。

よし、明日は本気で行こう。自分の未来をよりよくしていくために。
そして遊ぼう、岩田聡に感謝を込めて。ありがとう。 

塗るという感覚が忘れない1日4

スプラトゥーン 完成披露試射会やってみたよ。

今までたくさんのFPS・TPSやってみた僕にとって・・・
勝負が最後までわからない試合が多いゲームが出てくるとは思わなかった!

とにかく頭フル回転の3分間。
そしてあっと言う間に過ぎた計2時間。

とりあえず余裕があったら(もうあるかも)やってみようかな!?

記事検索
タグ絞り込み検索
音ゲーブログ
音ゲー関連の記事は別ブログで書くことにしました。
こちらもよろしく。
beat "be" way
メッセージ
プロフィール


ishihiro1403のtwilog


ブログランキング
blogram投票ボタン
カウンター・SEOなど

フィードメーター - ・・・・・
この日記のはてなブックマーク数
track feed イヒ!ログ
  • ライブドアブログ
  • SEOブログパーツ